crmreviews

ニュース&レビュー

顧客体験マネジメントが現在のビジネスで必須になっている理由 その5

前回の「お勧めするアプローチとリスク」エントリで実際に顧客体験の向上を行うためのアプローチやそのリスクについて論じられてきました。最終回にあたる今回は、「それらをやらなければどうなるのか?」そして「なぜやらなければならないのか?」についてのお話です。これまで部分的に実践されきた経験がある方もいると思います。あなたにとっての競合もきっと同じで状況でしょう。その状況で止まっていることも、より良い変化を求めて行動を起こすも全てあなたの選択です。今回を含め、これまでの内容が新しいチャレンジを開始するための1つのきっかけになれば幸いです。

→続きを読む

投稿日:2013年10月16日 カテゴリ:トップニュース ホワイトペーパー

顧客体験マネジメントが現在のビジネスで必須になっている理由 その4

これからのビジネス環境においては顧客を維持することが必須のことであることは言うまでもありません。そして、おそらくそれらの実践についても部分的には行っていたことと思います。そうです、部分的に行えていたことを全社レベルで横断的かつ広範囲に渡って実装することが難しいのです。

→続きを読む

投稿日:2013年10月14日 カテゴリ:トップニュース ホワイトペーパー

顧客体験マネジメントが現在のビジネスで必須になっている理由 その3

顧客の要求に応え、素晴らしく、一貫性のあるサービスを提供し、顧客との関係を維持して収益性の高いものに育てていく。そのような顧客体験マネジメントは、現在では重要な経営戦略になっています。 しかしながら、現実には素晴らしい顧客体験を提供することは難しいものです。顧客体験マネジメントについて実際に成功している企業は以下の3つのポイントを抑えた情報を、顧客対応チャネル全体に渡って提供し、顧客体験の向上を図っています。

→続きを読む

投稿日:2013年10月11日 カテゴリ:トップニュース ホワイトペーパー

2013年上半期のCRMマーケット その②

最近マーケティング・オートメーション・ソフトウェアについてさまざまなところで耳にすることが増えてきたのではないでしょうか?マーケティング・オートメーション・ソフトウェアとは、一言でいうのは難しいのですが、主に以下のような特徴を持っています。

→続きを読む

投稿日:2013年10月9日 カテゴリ:CRM マーケット トップニュース

顧客体験マネジメントが現在のビジネスで必須になっている理由 その2

競合優位性というと何を思い浮かべますか?ビジネスの各プロセスを競合と比較し、よりよい商品やサービスの提供、よりよい業務オペレーションの確立、そして競合より優れた点を顧客に対して訴求できること。または、顧客を囲い込んだり、資本を蓄積することで参入障壁を高めて自社の優位性を築き上げること。しかし、このような伝統的な競合優位性や参入障壁は、どんどんと浸食されてきています。

→続きを読む

投稿日:2013年10月7日 カテゴリ:トップニュース ホワイトペーパー

顧客体験マネジメントが現在のビジネスで必須になっている理由 その1

顧客を維持していくためには常に大きな課題が付きまとうものです。顧客は期待をどんどんふくらませて企業から商品やサービスを購入しますが、その企業から悪い体験を受けてしまうと、期待とのギャップから強い印象を受け、容易に他人とその体験をシェアし、悪い評判が拡散して企業は大きなダメージを負います。顧客は、それこそ欲しいものをどこから買うかなんていつでも変更可能な環境にいて、それはますます簡単になってきているのです。

→続きを読む

投稿日:2013年10月4日 カテゴリ:トップニュース ホワイトペーパー

2013年上半期 CRMマーケット 日本と海外 その①

2013年上半期は、今後のマーケットの動きを見ていく上でいくつか手がかりになるものが見えてきた時期でした。そこで数回に渡って、その動きを見ていきたいと思います。

→続きを読む

投稿日:2013年10月2日 カテゴリ:CRM マーケット トップニュース

『ニュース&レビュー』スタートします。

crmreviews.jpは、お客様のCRM選びを支援することを目的として国内外におけるCRM関連の様々な情報を提供していきます。提供していく情報は製品レビュー、各種ホワイトペーパー、マーケットの状況、トレンド、最新ソリューションや事例などを予定しています。

→続きを読む

投稿日:2013年9月30日 カテゴリ:ニュース

4 / 41234

免責条項:crmreviews.jp上に掲載されている情報の内容に関しては、万全を期しておりますが、内容に関して何も保証するものではありません。掲載情報に基づいて被った損害に関しては、いかなる場合であっても本サイトならびに本サイトからリンクしている外部サイトのを含め一切の責任を負いません。また、事前の予告無く、コンテンツの提供を中止する可能性があります。

  • facebook
  • twitter