crmreviews

ニュース&レビュー

Marketo による Insightera の買収とその影響

Pocket

前段

Insighteraをご存知でしょうか?(Insighteraについての記事)日本ではあまり知られていないようですが、リアルタイムリコメンデーションを提供しているベンダーです。そのInsighteraですが、この度B2Bマーケティングプラットフォームを提供しているMarketoに買収されました。今回の記事はそれによりMarketoにもたらされるメリットとソフトウェア選択時に残され続ける課題についてです。

Marketo による Insightera の買収

Marketo が Insightera の買収を発表しました。 Insighteraはサンマテオにある、コンテンツベース パーソナライズ機能を提供するベンダーです。この買収により、Marketo は次のような機能を手に入れることとなりました。

  1. B2B向けコンテンツパーソナライズ機能

    Insighteraは、コンテンツベースのリアルタイムパーソナライズを提供してきました。その機能は強力であり、匿名の訪問者からのアクセスであってもリバースIP(IPの逆引き)によりアクセス元(所属組織、企業など)を割出し、企業規模、業界、地域属性に応じたコンテンツをリアルタイムに提供することができます。
  2. 予測分析

    InsighteraはWeb上のコンテンツ(ブログやホワイトペーパーなど)を自動クロールし、コンテンツのレコメンデーションを作るための予測分析を行います。匿名の訪問者は企業特性のみならず、行動特性に基づいたコンテンツが提供されます。
    Marketoは、これまで収集してきた既存顧客に対するナレッジを使ってこのレコメンデーションを作成するための元データを拡大させるでしょう。

Insightera の Marketo による買収は、ベンダーのバリュー・プロポジションを強化することになるのは間違いありません。我々は2015 年までにB2B企業への問い合わせの71%がWebサイトを通して行われると予測しています。Insightera を傘下に入れた Marketo が企業の Web サイト上での会話を拡張する可能性は大いにあります。
そして、今日、マーケティング オートメーション ベンダーの大多数はこの機能を持っていないたのです。

Marketo による Insightera の買収の影響

この買収もまた業界に存在するベンダーへ影響を与えることになるでしょう。Marketoの顧客の多くが、 Demandbase や Get Smart Contentを使ってパーソナライズ機能を実現してきました。そうした顧客はどちらの機能を利用するか?という質問には検討の余地があると思います。

他にも例えば、 Lattice Engines や Inferといった引合評価エンジンを提供する会社があります。そういった製品を今利用することは得策でしょうか?今やMarketoはコンテンツ予測エンジンを買収しました、引合評価エンジンを買収しない保証はどこにもないのです。

著者: Jill Stanek

Insighteraは強力そうなソフトウェアですね。そしてMarketoはこの買収により自身の業界内での立場が大きく前進することになるでしょう。
一方、顧客から視点で考えると相変わらずソフトウェア選択に関するハードルが高いことを考えさせられます。明日どうなるか分からない以上、受け入れざる負えないことかもしれませんが、クラウドの世の中であったとしてもソフトウェアの導入には明確な方針があった方が後悔することは少ないのかもしれませんね。


この記事は、http://www.siriusdecisions.com/に掲載された「Marketo Acquires Insightera」を翻訳した内容です。

Pocket


投稿日:2013年12月16日 カテゴリ:CRM マーケット トップニュース